学年・クラスでの仲間意識

2月も中旬を過ぎ、小学校では所によりインフルエンザの流行による学級閉鎖などの話題を耳にしますが、今のところ藤幼稚園では冬休み明けから数名の罹患に止まっております。

外は変わらず降り続く雪と厳しい寒さですが、このまま予防に努めながら元気に過ごしていけたらと思います。

 

子どもたちは いま、親子の集いでの ふじオリンピックで発表する個々の体育で出来るようになった運動種目に意欲的にチャレンジする中で、友だちの成果にも刺激を受けながら 練習を重ね、自分の“出来る”がステップアップしたり、友だちの“出来た”を一緒に喜んだり・・・。

学年でもクラスでもそれぞれの集団での仲間意識が強くなってきている分、“共感する、励ます、応援する”ことを通して お互い心が動いて感じたり 行動し、仲間として通じ合えることが増えてきました。

 

この時期に芽生える成長の過程での大事な心の移ろいは、一人ひとりの感受性を豊かにし、いままで感じたことのなかった初めての気持ちの感激など、これから体験していくことでしょう。

人として一回り成長していくであろう進級・進学へ向かう大切な日々を、毎日の活動において皆 どんな表情を見せていくのか、楽しみに見守って参りたいと思います。

 

園長  肥田 光代

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments