お店屋さんごっこを終えて・・・

平地では10月末の雪から少し暖かい日もありましたが、ここのところは冷え込みとともに いよいよ積もるような雪、本格的な冬の到来も迫ってきているようですね。子どもたちは早速 朝 園バス待ちの間に雪玉づくりをしたり、ミニ雪だるまをつくったり、早くもこれからの雪のシーズンに期待大のようです。

 

先日のお店屋さんごっこでは手先を使うことも、これまでの製作活動の積み重ねで各年齢なりの器用さを増し、それぞれのお店ごとに できる作業を縦の関係性の中で協力しながら一つの品物にしたり、部品を年齢に合わせた作業内容でつくったものを組み合わせて商品化したり と工夫を凝らし、楽しみながら品物づくりに励み、進んでいくうちにクラスカラーが表れてきておりました。

そして当日、各クラス自慢のお店の品物売りにゲームコーナーの運営と気合も入り、また

ペアのお友だちとお目当てのものの買い物もと、それはクラスの団結も一層 固く結ばれ、

確かめ合えた一日となったように思います。

こうしてクラスの中で縦の関わりが深まり、一人ひとりが自分の居場所を見つけ、お互いを思い合い 助け合い過ごせるようになってきたことは、必ずや次のステップへと繋がっていくことでしょう。

 

いまはクリスマスお祝い会へ向けて、イエスさまのお誕生日に 今度は年齢ごとに素敵なプレゼントを贈ろうと張り切っております。自分の役の中で自己発揮し、お友だちと協力しながら一つのものを作り上げていく中での経験が これから一人ひとりの心をどう動かしていくのか、ともに楽しみに見守って参りましょう。

 

園長  肥田 光代

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments