8月のたより

夏休みが始まる

好天に恵まれる日が続いていて、幼稚園の子どもたちは毎日のように水遊びを楽しんでいます。ついこの間までは落ち着いた日を過ごしていた子どもたち。今や顔に汗して、砂場やプールでたっぷり遊んでいます。
子どもたちの「いのちの躍動感」を感じると表現したらいいでしょうか。躍動感やパワーをいっぱい感じさせられます。「育てたもうは神なり」と思わず唱えてしまいそうです。
畑のふじのうえんもそうです。春に植えたおいも、とうもろこし、枝豆、かぼちゃ、落花生も恵みの雨を受けてしっかりと根付き、葉を茂らせてきており、秋の収穫の時が楽しみです。ビニールハウス内に置かれている各クラスのミニトマトも赤く色づいてきました。
これから本格的な夏が始まります。子どもたちの生活の中で、スイカ・トマト・トウモロコシといった夏の食べ物、セミの泣き声・雷・夕立・星空といった夏の自然を、五感を通して感じ、情緒豊かな時を過ごせますように…。そして、一回り大きく成長して2学期を迎えることが出来ますように…と祈っております。
園長 千葉円哉

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments