ヤッホー ヤッホー いい気持ち!

 6月23日(木)は、登山ピクニックの日。チョッピリ曇り空、穏やかな日になりました。

「エイエイオー!」意気揚々と旭ヶ丘のゆきんこ館をスタート。

間もなく、前日からの濃霧で下草が濡れていたり、背の高い草に行く手を阻まれてドキドキ・・・年少の中には涙が浮ぶ人も・・・。
それでも、緑美しい木々に誘われ、鳥や虫の声に励まされて、子どもたちは前進を続けます。
「アッ、倶知安町だ(木の間から町並みが見えた時)」「ネエ、これ漆だよね(百年の森で宮崎氏に教えて頂いた事が活きている)」「え~、何でこんなとこにゴミあるの~?(林道にビニール袋のゴミが散乱していたのです…悲しい)」等、周りを見ながら色々な発見をしながら歩いて行きます。

やがて、「あ~疲れた~」「もう歩けな~い」などの声が。
けれども、自分の足で歩かなければ、誰も変わりに歩いてはくれません。
子どもたちは互いに励ましあったり、いきなり「ヤッホー!」と叫んで元気付けをしたり、また、ひたすら黙々と歩き続けたり。

写真は、包丁塚から展望台を通過してジャンプ台につながる登山道です。
もうすぐ頂上、さあ、急げ~!

子どもたちは全員、ジャンプ台から六段のジグザグ道を下り、無事ゆきんこ館にゴール。
思わず拍手が…。

この後、お弁当とおやつをおいしくお腹いっぱい頂きました。

1回目の登山ピクニックは大成功でした。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

すくすく育て  野菜と花の種をまきました

 例年より春の訪れが遅れていた倶知安にも、森のカッコウがのどかな声を響かせる頃となりました。

予定していた日に雨が降り“延期”。
なかなか種まきが出来ないことで子どもたちはガッカリ…。

何日かたつと、雨でビショビショだった土も、ポカポカお日様に温められ、「もうイイよ~」

待ってました!
何度か延期しただけに、畑や花壇に種をまく事ができる喜びもひとしお!!

グラウンド側の畑には、今年は“とうもろこし”(年長・年少・満3歳児)と“枝豆”(年中児)をまきました。
今では、きれいな緑の葉が気持ちよく空に向かって伸びています。

玄関前のプランターと中庭の花壇とポットには、それぞれ、年少・満3歳児がアサガオを、年中児がオシロイバナを、年長児がひまわりの種をまきました。
お天気続きで、水やりが楽しみな今日この頃…。
しかも、今週に入ってプランターからニョキニョキとアサガオの芽が出てきて、毎日アサガオに声をかける子どもたちと教師たちなのです。
今後、ひまわりとオシロイバナも慌てて芽を出す事でしょう。

子どもたちにとっては自分の分身のような小さな命たちです。
これから、応援の日々がしばらく続く事でしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

クラス紹介 ④ 『 うさぎ組 』

 いよいよ最終回。今回は、うさぎ組の紹介です。

オシャベリ大好き!ウタウの大好き!ワラウの大好き!etc.大好きいっぱい、元気いっぱいのクラスで、いつもお部屋の中は笑い声で賑やか。担任も圧倒されるほど…

外遊びもお日様も大好きで、最近こんがりと日焼けし始めたところです。
園外保育でも、パワフルなうさぎ組なのです。

うさぎ組のメンバーはまるで科学者のようです。
外に出ると大小様々なアンテナをフル回転させます。
常に、「アッ!コレは何だ?」と、沢山の不思議を発見。
現在は、先月からうさぎ組に仲間入りしたカタツムリ5匹とオタマジャクシ8匹の成長の様子を毎日欠かさず観察中。
小さな変化にも敏感で、一つでも発見すると、もう大変な騒ぎになります。

写真は先日お邪魔した三島さんのお宅のお庭で撮影したもの。
庭一面に咲き乱れる芝桜のとてもよい香りと花の美しさに“うっとり~”のうさぎ組でした。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

クラス紹介 ③ 『 きりん組 』

 今回は、らいおん組の下の教室、1階にある『きりん組』を紹介しましょう。

きりん組は、21名のメンバーが毎日賑やかに生活しています。
突然ですが、ここできりん組の“ただいま夢中!ベスト3”の発表です。

♪パラパラパラパラ…  第3位は
「家族ごっこ」

♪パラパラパラパラ…  第2位は
「鬼ごっこ(因みにお気に入りは“こおり鬼”、“ゾンビ鬼”なのです)」

そして、いよいよ第1位の発表です

♪パラパラパラパラ…
「ドミノ」

登園後や昼食後の自由遊び、きりん組の机や棚や床ではカタカタカタカタ…「やった~!!」の歓声と拍手が聞こえます。
ドミノ大会も開催され、渦巻き型や段差をつけたりして技が競われます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

6月のたより

               『 時 間 』

地球上に生まれた私たちは、人生の初めから人生を終える時までを“時間”の中で生きています。
どの時代にも、どの人にも同じように与えられているはずの“時間”。

様々な発明により、生活が便利になりました。例えば、家事労働。
私たちの身の回りにはボタン一つで動く電化製品が沢山備わっています。 このように人間の労働力の代わりに機械が働いてくれているので、昔と比べて時間に余裕が生まれてもよさそうなものですが、なぜか、ゆとりの無い日々を暮らしているのが実状です。

感謝できなかったり、他人のせいにすることが続いたり、ふと気付くと笑顔が少なくなっていたり・・・
ミヒャエル・エンデ著「モモ」に出てくるような“時間泥棒”に、忙しくしている大人は警戒しなくてはならないと思います。

場面①
A「先生って何歳?」
私「○○君は、何歳に見えるのかな」
A「ん~とね、35歳かなあ」
私「(一瞬、申し訳ないような、喜んだ方がいいのか…複雑な心境になる)  ホントは99歳なの」
A「エ~~~!?」
私「・・・(ヤッパリ嘘だと分かったのね)」
A「99歳? うそー。100歳だったら、も~っと大きいよ」(と言いながら、天井の方に手を高く上げる動作)
どうやら、A(年中男児)にとって、年齢と身長は比例するはず!なのでした。

場面②
クッキングコーナーにて。ここは、一人でホットケーキを焼くことが出来るという年長限定の活動の場。
Bが登園直後大急ぎでコーナーに行くと、そこには活動を始めたばかりの友だちの姿がありました。
すぐに、順番待ち用の椅子に腰掛けました。他の人から遊びに誘われても頭を横に振っています。
ある時はホットケーキを作っている友だちの手元をじっと見、また、ある時は椅子の上にしゃがんで室内で遊んでいる友だちに目を向ける。けれども、Bは活動中の友だちを急かす事は決してありません。
やがて、ホットケーキが焼き上がり、後片付けが始まると、Bは腰を浮かせたまま自分の活動開始に備えています。

順番を待つこと約30分。
Bの表情に不満は微塵も感じられず、本当に自分がやりたいことに出合えた充実感でその後の活動はじっくりと大事そうに進められたのでした。

場面③
初めての場所での事。忘れ物に気付いた母親が2階に戻ろうと階段を駆け上がりながら、踊り場のCに向かって、「待っててね!」と声を掛けました。
Cは、母親が見えなくなったまま一人じっとしていました。

間もなく母親が戻ってきました。
何事も無かったかのように、階段を再び下り始めた2歳のCの姿から、母親への信頼感が一人でも待てる心の強さを生んだのではと感じたことでした。

“今”を精一杯生きている小さい人たちは、どのように時間を捉えているのでしょう?
子ども時代には、大人になると想像もつかないような独特の、魅力的で、豊かな時間が流れていると思います。
もしかすると、小さい人の生き方から私たちは何か学ぶべきことを見つけられるかもしれません。

“時間”に追われるのではなく、“時間”の主人として生きたいと思う今日この頃です。

【今月の予定から】

2日(木)消防署見学
5月に火災発生時の避難訓練を行った時に消防士さんや消防自動車に触れた園児たちが、今度は消防署を訪問します。どんな出会いが待っているのかな? ドキドキワクワク・・・とっても楽しみです!

22日(水)苺狩りpart.1
そろそろ苺の食べごろかな~?
園児が『道塚農園』に行って、苺狩りを体験します。赤くて甘い苺を見つけられるか・・・とっても楽しみです!!

29日(水)虹の広場による“おはなし会”
藤幼稚園卒園の子どもを持つお母さんのグループによる紙芝居や絵本やパネルシアター等。幼児の健やかな成長を願うお母さんエネルギーで演じて下さいます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments