一人ひとりも、集団も成長するチャンス ・・・ 自由遊び

朝の身支度が終わると、「今日は何しようかな」と教室の棚や道具箱に向かう人、前日から狙っていた遊びにまっしぐらの人、一緒に遊びたい友達が来るのを待っている人、と様々です。

ブロックコーナーでは、一人でブロック遊びをしているところにブロックで遊ぶ人が加わり、やがて、線路がつながって駅が出来たり電車が走ったりと遊びが広がっていきます。

変身が大好きな人たちは、チラシのスティックや新聞紙のドレス、それに、トイレットペーパー芯のマイクがあれば準備万端です。すっかり世界に入り込み、観客を前に歌ったり踊ったり、誰かに魔法をかけたり…。

ホールでは、スクーターを猛スピードで走らせ急ブレーキを掛けては満足顔の人たちや、鉄棒や跳び箱に何度も取り組んでいる人たち、本園の歴史と共に歩んでいる年取った滑り台も格好の基地になっています。

玄関ホールでは、縄跳びの記録更新に意気込む人たちがいたかと思うと、いつの間にか、紙飛行機が飛び交う場所になったり、鬼ごっこやかくれんぼの遊び場になったりします。

廊下の突き当たりは、切り紙や縫い取りのコーナーです。
じっくり取り組みたい人たちが、自由にやってきてははさみを黙々と動かしていたり、針になかなか糸を通せなくても何度もチャレンジしていたり…。

どの人も良い表情で過ごしています。
自分のやりたいことが見つかるのは、とっても幸せなことですね。
やりたいことが見つかって自分なりのペースで取り組み、良い終わり方をすることが出来たなら、その人の内面には“充実”が広がっていることでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

一人ひとりが成長するチャンス ・・・ 朝の身支度

朝、いそいそと玄関ドアを通過した園児たち。

外靴を脱いで、靴を持ったら靴箱へ。
初めの頃は、まずリュックを下ろし帽子を脱ぎ捨て…という人があちらにもこちらにも。外靴を持とうとすると「アレッ?」リュックと帽子で手はいっぱい。
“持てない”という困り感を当事者が実感できると変化が生まれます。
やがて、いつの間にか帽子とリュックを体から離すことはなく、外靴だけを玄関で脱げるようになるのでした。

教室に向かい、まずは自分のロッカーに帽子や上着を掛けます。ここではかけひもが活躍! 小さな手で一所懸命かけひもを持ち、フックにひもを通します、出来るまでは何度も何度も… そうして、ようやく成功すると本当に嬉しそうな表情です。

身支度が終わると、出席シールを貼ります。見本を見ながら「今日は、え~っと、何日だっけ~?」
出席シールが貼れると、これで、ヨシ!
さあ、遊ぼう。

こうして、倶知安藤幼稚園の一日が始まるのでした。
今日もいい日になるといいね!!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

オハヨウゴザイマ~ス!

6日(水)は始業日、8日(金)は第57回入園式でした。
昨日からは、新入園児と進級児とが一緒に園生活を始めました。

保護者と一緒に玄関に到着する園児や通園バスに乗って園に到着する園児が、玄関のドアを開けては、「オハヨウゴザイマ~ス!」

中には、教師の声に自分の思いをのせるかのように口を動かし(声は出ていない)、最後にようやく「マス」が言えて満足顔の人。
言い出すタイミングがつかめぬまま、目でご挨拶という人も(気持ちは充分伝わるのでした)。
どの人とも「今日も君に会えてウレシイ!」の思いを込めて挨拶を交わします。

園児たちは、保護者のドキドキ感をよそに、子ども同士になるとあっという間に自分のやりたい遊びに没頭したり、大きい人のすることをじ~いっと見つめてニヤニヤしたり、お家に帰りたいなあという思いを素直に表現する等など、それぞれに自分のペースで過ごせています。

やがて、子ども同士が挨拶を交わせるようになり、子ども社会が生まれ育っていくのを楽しみに、毎朝の一人ひとりとの挨拶を大切にしたいと思います。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

4月のたより

           『 目に見えないものに目を注ぐ 』

ご入園、ご進級、おめでとうございます。
子どもたちも家族の皆様も、新しい1年に期待をもって“はじめの一歩!”を踏み出したことでしょう。

毎年この時期に幼稚園職員は、数日前まで過ごしていた前年度をリセットし、気持ちも新たにスタートします。
園と皆様、子ども同士、保護者同士、家族同士…こうして出会えたご縁を大切に、今日からの幼稚園生活を、皆様と共に喜びをもって創り上げてまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

本園は、倶知安の地でカトリック教育を実践して今年度で57年目。
私たちは誰でも神様から愛されていること、一人ひとりはかけがえの無い存在であること、だから、金子みすずの詩にもあるように「みんな違って みんないい」と胸を張って言える社会(世界)になれば、今よりもっと笑顔が増えるかもしれないと信じて、日々、幼児教育に力を尽くしています。
併せて、今年、園舎向かいのカトリック倶知安教会が100周年という節目の年を迎えました。
これまでを支えて下さった数え切れないほど多くの人々に、心を込めて感謝する一年になりそうです。

カトリック教育は、目に見えるものに留まらず、目に見えないものにも価値を見い出します。
星の王子様が話す場面がありましたね、「大切なものは 目には見えないんだよ」と。

私たちは何かを初めようとする時、“できる”か“できない”かで心配しがちです。
このように見る時の目は、顔の中にある眼が見ていることなのだそうです。
出来るか出来ないかは、見ていて判断しやすいからです。
一方、心の目で見えるのは、“したい”のか“したくない”のか。
自分の心に素直になるとそれがはっきりしてきます。心の声に耳を傾けると聞こえてくるようです。
自分がしたいことであれば、もし上手く行かなくても、力を尽くせた事でもたらされる満足感や充実感がその人を満たすことでしょう。
結果だけで判断するのではなく、どのようにその事と向き合っているかに着目するのです。

小さい人にとって園生活の様々な場面は、沢山の“初めて”で溢れています。
これからの毎日、様々な事柄に取り組む園児一人ひとりの生きようとする姿勢を、心の目で見る努力を続けて行こうと思っています。

【今月の予定から】

8日(金)第57回入園式
進級したお兄さんお姉さんが、新しく仲間入りする人たちを迎えます。

19日(火)お誕生会
この日は、4月生まれの人たちを幼稚園の皆でお祝いします。

24日(日)イースター
イエス・キリストのご復活を祝うキリスト教最大の祝日です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

ようこそ!  倶知安ふじようちえんワールドへ

2011年度がスタートしました。
ようやくあたたかな日差しの降り注ぐ春が到来しました。
けれども、園庭にはまだまだタップリの残雪が…子どもたちの歓声が響く園庭をイメージしつつ、一日も早い雪解けを願っている今日この頃です。

皆様、お元気でお過ごしですか?
春休み期間中はリフレッシュできたでしょうか。以前のことは終わりにして、これからのことに全力投球できるとよいですね!

4月から入園する人も、1学年進級する人も、期待に胸を膨らませていることでしょう。
『はじまりの春』を互いに祝福し合って、スタートをきりましょう。

倶知安藤幼稚園のスローガンは、
“未来を築く子どもたちの 自分づくり 仲間づくり を応援します”
です。
子どもたちはどの人も、自分の内なるエネルギーに押されて動きながら学んでいます。求めている活動にぴったりの活動と出合えた人は、そのことにじっくり取り組み、周りがどんなに騒いでいても全く動じることなく、また、たとえ苦労が伴っても喜々としてそれを乗り越える事ができます。
その様な活動を終えた人の表情は、誇りと充実感で輝いているようです。

一人ひとりの子どもがその様な活動と出合えるよう、スタッフ一同、心を込めて保育にあたりたいと思います。

2011年度も倶知安藤幼稚園を応援して下さいね!!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments