クラス紹介② 『ぞう組』

2番目は、ぞう組です。
2階の教室には、時々地震のような揺れが…
何事かと見ると、ぞう組さんが遊んでいるところでした。
ある時は、皆で足のトンネルを作り一人ずつトンネルをくぐっていたのでした。
また、ある時は、皆で“はないちもんめ”の真っ最中でした。

ぞう組のブームは、《地図と国旗と地球儀》
「モナコとインドネシアって同じなんだよ」
「バングラディシュと日本は色違い」
というのは、国旗の話。
「“にっぽん”と“にほん”ってどう違うの?」
というのは、ポスターの中で見つけた国の名前。

ぞう組は今、世界に目を向けて、夢がどんどん広がっているところなのです。
写真は、玄関ホールに貼ってある国旗のポスターを見ているぞう組のメンバーと担任です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

クラス紹介① 『ぱんだ組』

ふじ幼稚園は、縦割りクラスが4学級。
ロッカーや道具箱等自分の持ち物を置く生活の場所は、縦割りの教室です。
満3歳児から年長児までの異年齢集団であるクラスを、これから4週に亘ってご紹介しましょう。

1番のりは、ぱんだ組。
にらめっこをしたり、「ナンデヤネン!」と関西人になりきる手遊びがブーム。
とにかく、笑い始めるとなかなか止まらないクラスなのです。

今日は、好きな所でお弁当を食べる日。
4教室のうち今日は希望のお部屋でランチタイムです。
やはり、いつも1階で過ごしているからでしょうか、ぱんだ組の殆んどの人が2階へ。
いつもと違った雰囲気で、もともとおいしいお弁当がもっとおいしくなったようです。ヨカッタネ!

写真は、2階のらいおんの教室を選んだぱんだ組のメンバーと担任です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

み~んな 心も体も 大きくなりました!  おめでとう!!

今日は、ふじ幼稚園の園児たち全員で『七五三の祝福式』を行いました。
カトリック倶知安教会の聖堂に集まり、お祝いのために駆けつけて下さった今田神父様と共に式を始めました。

まず、全員で大きくなったことに感謝しました。
大きくなるために沢山の世話をして下さったご両親や家族や地域の方々、それに、成長させて下さった神様に心からのありがとうを捧げました。

また、世界中の自分たちと同じ年頃の子どもたちの幸せを願いました。想像をするにはあまりにも様々な環境や境遇にある世界の子どもたちですが、園児一人ひとりが自分なりにまだ会ったことのない仲間に心を寄せて祈りました。

次に、今田神父様からお祝いのお話がありました。
体の成長は目に見えて分かりやすいけれど、目に見えなくてもとても大事な心の成長も大切にしていきましょう・・・。
園児の瞳はキラキラ、うなずいている人もいました。

それから、待ちに待ったお菓子の祝別と一人ひとりの祝福です。
あったか~い神父様の手が頭の上にのって、何だか気持ちいい~。

七五三の祝福式が終わって、一人の男の子がなかなか聖堂から出ようとせず立ち止まっています。
?…と思っていると、
「いつ、お菓子もらうの?」と。
あ~、ごめんなさ~い。言い忘れていました。後で教室でお渡しします。

嬉しい心一杯でそれぞれの成長をお祝いできた一日でした。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

LOVE EARTH! LOVE CHILDREN! part.Ⅱは大成功

2日(土)は朝からさわやかに晴れ上がり、もってこいのバザー日和。
10時開店のところ、早々に並んでいるお客様たちの姿が…。
バザー係のお母さんたちも園の職員たちも張り切って、そして、成功を祈りつつ心を込めて最終準備をしました。

写真は、園児たちがバザーのテーマである『世界中の食べる物がなくて困っている人が助かりますように』という願いを込めて、輪飾りを作っているところ。
バザー当日、会場はこの輪飾りで更に雰囲気を盛り上げたのでした。

いよいよ時間となり、「只今より、かいて~ん!!」の放送と同時に、お客様がドドーッと玄関になだれ込み、あちらこちらのコーナーは大盛況。
「いらっしゃいませ~」「○○はいかがですか~?」等と呼び掛ける声にも力が入ります。

友愛コーナーには、あっという間に人だかりが。掘り出し物を見つけようという人たちで、とっても勢いがありました。
食品コーナーでは、前売り券を食品に引き換える人と、当日券を購入している人の行き来で大賑わいです。
ゲームやくじ引き・スーパーボールすくい・ヨーヨーの売り場には子どもたちの声が溢れました。時折、限られたお小遣いで何を買おうかと頭を悩ませる人も…。

玄関前のスペースでは、おいしい匂いが漂っています。カレーに豚串、ピザにソフトクリームにホットコーヒーが販売され、青空の下、ピクニック気分で購入した食品を広げる人たちもいました。
会場の皆さんは、どの人もよい表情でした。

ご来場の皆様をあたたかくお迎えしようと頑張ったバザー係のお母さんと職員は、お客様の喜ぶ顔を沢山見られて、とっても嬉しかったです!

ご協力に感謝いたします!!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

10月のたより

     『 子どもたちを支援する大人たち 』

園児個人と集団両方の成長を感じながら、喜びのうちに前期を終えられたことに感謝しています。
本園の今年度のテーマは「希望~愛の中を生きる」。イエス・キリストの言葉の中にある、自分を愛するように他人を愛することを目指し歩んでいるところです。

私たちは日々の生活の場面で、他者との関わりの中で、あるいは、活動や運動などを通して、自分が価値ある存在であると実感しながら過ごしています。
子どもたちも同様ですが、幼児期の場合は特に、子どもたち(個人であっても集団であっても)に温かい眼差しを向ける大人の存在が重要と考えます。

夢中で砂山を掘りようやく穴が貫通した瞬間、ふと目をあげると、
“ヨカッタネ”の大人の眼差しがある。
集会で一所懸命話を聞いている時に、ふと目をやると、
“ソレデ イインダヨ”の眼差し。
友達が机を運ぼうとしているのを見て手伝っていると、
“ステキダヨ”の眼差しと出会う。

そこに褒め言葉はありませんが、子どもの心は“これでいいんだ”という安心感で満たされていることでしょう。
そして、この思いは自信になることでしょう。

けれども、とても忙しい今の時代には、大人から子どもへ眼差しより先に言葉のシャワーが掛けられることの方が多いように感じます。

また、大人が相手をしてあげられないからと、テレビやビデオ・ゲームなどのメディアに子どものお守役を委ねてしまうことがあります。
子どもがじ~っとおとなしく見ていると、大人は安心なのでしょうか?
残念ながら、子どもはめまぐるしく変わる画面に気を取られているだけかもしれません。
なぜなら、メディアは子どもがいくら話しかけても答えてくれないだけでなく、相手構わず一方的に不要な情報まで見せたり聞かせたりしているからです。

ひたむきに生きている子どもたちには、支援する大人の眼差しが欠かせません。
監視するというより、いずれ自分の判断で歩む道を決めていくであろう子どもたちが、誰も見ていなくてもより良い方を選んでいけるように応援する大人の思いが溢れた眼差しだと言えます。

子どもを信じて、温かい眼差しを送り続けたいと思っています。

【今月の予定から】

12日(火)『七五三の祝福式』
子どもの成長を祝う気持ちは世界共通。
この日、カトリック幼稚園である藤幼稚園でも、イエス・キリストから特別に愛された子どもたちの健やかな成長を喜び合い、これから歩む道に祝福とお恵みが豊かにありますようにと祈ります。
併せて、世界中の子どもたちの幸せも祈る日なのです。

23日(土)~『倶知安町文化祭に全園児が作品を出展』
毎年この時期に開かれる町主催の文化祭に、今年も参加します。
昨年、会場に赴いて観賞して参りましたが、町内の子どもたち(幼児から高校生まで)の作品から“豊かさ!”を感じ取ることができました。
作品を見ながら、子ども一人ひとりのあたたかい手の跡、視線の向き、思いや感性などを思い巡らすと楽しいものです。
皆さんも、今年、倶知安町の文化祭に足を運んでみませんか?(~11月7日)

27日(水)『入園をお考えの皆様の為の 見学説明会ー①』

2011(平成23)年度、お子さんが入園対象年齢で倶知安藤幼稚園に関心をお持ちのご父母の皆様へご案内します!

当日は、予約無しでお越し頂けます。
《プログラム》
9:30より 普段の園生活を見学できます(9:30以降でしたら何時でもお入り頂けます)
10:30より 園長が園のことをお話します(ご質問にもお答えします)
11:00以降 11:30までは見学可

29日(金)『収穫感謝祭』
今年も畑や田んぼで様々な作物が収穫できたことに感謝します。
当日は、園児も調理作業に参加して、カレーパーティー開催!!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments