羊蹄青少年の森に行ってきました

27日(金)は、親子バス遠足の日でした。
朝から青空とお日様がタップリです。
おいしい物が一杯詰まった荷物を持った親子が元気に集合し、いざ出発!

目指すは、道内に5ヶ所ある道立の森の中のひとつ『羊蹄青少年の森』
園を発車して約30分。到着した私たちを迎えてくれたのはドドーンと雲ひとつない羊蹄山。
それから、セミの鳴き声に、沢山のトンボ。
緑豊かな草原では、職員の方たちが草刈作業中。
景色を見ながら、思わず深呼吸。う~ん、気持ちいい~。

親子でゲームをしたり、クラフト作品を作ったり、森の中を散策したり、アスレチック遊具で遊んだり、日陰でお弁当を広げたり、虫探しをしたり…等など、豊かな自然の中でいっぱい楽しみました。
ヘトヘト気味の大人を尻目に、瞳をキラキラさせて遊ぶ子どもたちは、ヤッパリ自然と仲良しなんですね。

この夏は特別暑い!けれども、外遊びが楽しくて仕方ない子どもたちは、いつの間にか体力もついてきているようです。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

9月のたより

      『 ことばは、言霊(ことだま) 』

夏のある研修会で、講師から参加者に問いかけがありました。
「神様に創られた人間と動物との違いは何でしょう?」
精神の有無か…、笑い顔の有無か…、それとも自由意志の有無か…等と思い巡らしていると、
「言葉が有るか無いか・・・言葉を持っているのは人間だけですね」
(なるほど!)

更に、講師は、
「人間は生まれた瞬間から、話しかけられるのを待っている存在なんですよ」
「赤ちゃんは何も喋れないから、別に話しかける必要はないと考える大人がいるようですが、それは大きな間違いです」とも。
(なるほど、なるほど!)

『健康ライフ』というラジオ番組が流れていた時のこと、担当医師のお話に思わず耳がダンボになりました。
テーマは“言霊と医療”。

例えば、信頼を寄せる先生が発する声、特に「このお薬は効き目があるんですよ」「これまで多くの人が治りました」等という心強い言葉は患者さんにプラス思考をもたらし、本当に良くなったケースが多い。
中でも、成分は全く同じ薬を処方したにも拘らず、言葉掛けによって効果が違ったという調査結果もあり、大変興味深いものがありました。

私たち大人が子どもたちに話し掛ける言葉も、医療現場と同様、子どもたちに影響がある筈。
言葉がまだ出ない赤ちゃんでも、周りの環境を吸収する力は大人が想像する以上に大変優れているので、きっと様々な音も無意識のうちに聞き取っていることでしょう。

大人は子どもたちに「心のこもったことば」、「美しいことば(正しい発音も重要なポイント)」、「温かみのあることば」等を話し掛けたいものです。
“わかる”か“わからない”かではなく、その子どもが、自分は大切にされているんだなと感じられるようなことば、失敗したけどまたやり直したらいいんだなと元気が出てくるようなことば、自分の事だけではなく他者のことも考えられるような心にゆとりを生むことば…を心がけたいと思います。

もう一つ大事なのは、信頼関係です。
信頼を寄せている人の言葉だからこそ、心まで届くのかもしれません。
言う事を聞かないと叱られるから、という訳ではないのです。
つたない言葉であっても、自分が信頼する人の言葉には心にしみるものがあります。

時には、いつもよりちょっぴり意識して、子どもに話し掛けてみるのもいいですね。

【今月の予定から】
11日(土)『運動会』
体を動かすって、おもしろ~い。
体を動かせるって、とってもうれし~い。
神様とご両親から頂いたこの体をうんと使って、運動会を行います。
自分も頑張るけれど、頑張っている人を応援するのも大事。
フレー!フレー! ジ・ブ・ン!!   フレー!フレー! ミ・ン・ナ!!

22日(水)『ピクニック』
今年のふじ幼稚園は、自然と仲良し。
歩くのも上手になりました。
季節の移り変わりの中、たっぷり楽しんできます。

30日(木)『バザーのクッキー作り』
世界中の子どもたちが幸せになるために、自分たちに出来ることって何だろうと考えました。
そこで、子どもたちはクッキーの型抜きをお手伝いすることに…
シアワセパワー全開の子どもたちが抜いたクッキー、どうぞお買い上げ下さいね。

【予告】
『 2010ふじ幼稚園バザー 』
とき  2010年10月2日(土) 10時    開店
12時30分 閉店
ところ 倶知安藤幼稚園 園舎内とその周辺
テーマ LOVE EARTH
LOVE CHILDREN part.Ⅱ

*幼稚園の皆で力を合わせてバザーを作り上げよう
*バザーで園を訪れる人々との出会いを喜び、楽しく過ごそう
*収益金の2分の1を飢餓に苦しむ人々の食糧を買うために寄付しよう

多くの皆様のご来園とご協力をお願い申し上げます!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

暑くたって ヘッチャラサ!!

「毎日、蒸し暑いですね」という挨拶が続く今日この頃、皆さんはお元気でお過ごしでしょうか?

園では、子どもたちが汗だくになりながらも、暑さに負けず元気に遊んだり活動したりしています。
園庭では、丁度開花したオシロイバナの色水遊びも始めました。ほのかに色づく“染め布”が、このところのブームです。

それから、9月11日に運動会を行う本園では、かけっこにお遊戯、組体操に団体競技など、運動的な活動が盛りだくさん。
子どもたちは友達と一緒に行うことに楽しみを見つけ、また、自分の力でどこまでできるか挑戦することに魅力を感じつつ取り組んでいるところです。

先日のこと。
移動中に年少や年中がお遊戯をしている部屋の前を通った年長男児たちが歩きながら、
「カワイイ踊り 踊ってたな」
と話し合っています。(なんともホホエマシイ)

また、ある日のこと。
全園児が小さい人から順番にかけっこを行った時、誰からともなく、
「ガンバレ! ガンバレ!」の力強い声援が・・・。
年下の人から応援されて、ますます頑張る子どもたちでした。(スバラシイ子どもたち)

日々の運動会活動が、子どもたち同士の絆づくりに役立つと嬉しいなと思う今日この頃です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

2学期が元気にスタートしました

今日から、2学期。
とっても久しぶりに幼稚園に来た人も、昨日まで預かり保育を利用していた人も、みんな揃って気持ちも新たに園生活を再開させました。

園児たちが沢山の荷物を持って玄関に入って来ました。
「おはようございます!!」
背が伸びたかな? 日に焼けたかな? なんだかお兄さんお姉さんの顔になったみたい…
どの人も1学期の終わりの日より大きくなったように感じるのは気のせいでしょうか。

久しぶりに会うお友だちにも「オハヨ」、「おはよう」、「○○で会ったもんね」等など…
園児同士も挨拶が飛び交います。
急に幼稚園の中が賑やかになりました。
水槽の熱帯魚たちも、“いつも”の声と振動に何となく嬉しそう。

園児たちは、夏休みに入る前日、ふじ幼稚園オリジナルの『なつやすみのはなたば』という生活記録ノートを受け取りました。
夏休みの毎日、お天気調べやお手伝い・お祈りをした時にシールを貼ったり色塗りをし、思い出のページには保護者が書(描)いたり写真を貼ったりして完成させました。

今日、夏休みの思い出が一杯詰まった『なつやすみのはなたば』を持って来ました。
だから、早く先生やお友だちに見せたくて仕方がないのです。
中には、玄関で外靴を脱がないうちに出し始める人や、早速広げて写真を見せながらお友だちに説明を始める人…、待ちきれない気持ちが伝わってきます。

その様な姿を見て、それぞれが良い夏休みを過ごせたんだなと思いました。

職員も、夏休み中にリフレッシュして心機一転!2学期も子どもたち一人ひとりと子ども社会の健やかな成長を願って頑張りたいと思います。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

8月のたより

    『 コミュニケーション力 アップ! part.3 』

“ことば”のキャッチボール(同時に心のキャッチボールも、ですね)を楽しむ子どもたちが増えてきました。あいさつをはじめ日々の様々な場面で、子ども同士がシッカリとやり取りしている姿を見る度に嬉しくなります。
育ちつつある子どもたちのコミュニケーション力が更に伸びていくよう応援して行きたいものですね。
2学期を始めるにあたり、子どものコミュニケーション力 アップ!につながる大人の態度について考えてみたいと思います。

その1 ~ 代弁を控えます

~場面A~
庭で転んで膝に傷を創り、手当てを受けている子どもに周囲の子どもたちが問いかけます。
「ねえ、どうしたの?」
すると、手当をしながら大人が説明を始めます。
そうして、当事者が一言も口を開くことなく会話は終わってしまいました。

当事者の中には、そんな風に聞かれても何て言えばいいのか分からないから黙っているという人がいます。
そんな時に大人がちょっぴり助け舟を出すと、当てはまることばを見つけた喜びで瞳をキラッとさせ、問いかけた友だちに、
「んとね、ころんだの。それでね、・・・」
と言い、手当したところを見せたりすることができるのです。

大人が話す方が事がスムーズに運ぶこともあるでしょう。けれども、緊急でないなら、大人は遠慮しましょう。このようにして、子どもが話すチャンスを増やしましょう!

その2 ~ 急がない・急がせないで“間”を大切にします

~場面B~
玄関にて。外靴を脱いだ子どもが靴箱に向かおうという時に、上靴入ってる?と大人から声を掛けられ、荷物に気持ちが向いた途端、矢継ぎ早に、外靴入れてね、絵本袋は?の声。
上靴を履き終えたところで教室に向かおうとすると、再度、外靴入れてね、絵本袋は?の声が掛かる。

大人の親切心から出る声が、子どもの自分がしなければならない事を見づらくしていないでしょうか。
また、同じ言葉を繰り返す事が、“聞き流し”のトレーニングをしている事になっていないでしょうか。

一つの動作(目標)に全身全霊を注ぎ込んでいる幼児ですから、大人は声を掛ける直前に子どもが聞く態勢
になっているかどうかを見る“間”を持ちたいと思うのです。

~場面C~
子どもたちが登園時間に相手と対面。さあ、これから挨拶をと思った矢先に、後方より大人からの一言
「挨拶は?」

誰でも声を出す前に、無意識ですが息を吸い込んでいます。
また、声を出す前に、自分の思いや感じに当てはまる言葉を選び取る作業をする等、考える時間を必要とす
ることもあります。
幼児からことばが出るまでの“間”を、大人が急がず待つことができるとよいですね。

さあ、楽しみが一杯の2学期が始まりました。
身近に転がっているチャンスを活かしながら、子どもたちの成長を支えてまいりましょう。

【今月の予定から】
18日(水) 3回目の『エアロビクス』
インストラクターの守山えつ子先生の溢れる笑顔と「オハヨウゴザイマ~ス!」の弾ける声に、眠っていた身体が思わず目を覚ます。
軽快なリズムに、次第に身体も心もノリノリに…

20日(金) 『年長児お泊まり会ビデオ観賞会』
7月22日~23日のお泊まり会中、職員が撮影した臨場感溢れる“年長児大接近ビデオ”大公開。
沢山とったものから編集した一時間足らずの作品です。
一泊二日の間に味わった感動や思いは、このビデオには収まりきれませんが、ご覧になる年長児保護者の方に少しでも伝わったらと思っています。
どうぞお楽しみに!

27日(金) 『親子バス遠足』
園を通じて出会った親子同士が、一緒にお出かけ。
特別なイベントはありませんが、共に過ごす時間をたっぷり楽しんで欲しいと考え企画しました。
今回目指すは、真狩村にある青少年自然の森。
心掛かりなのは、お天気と蜂です。
どうか、親子バス遠足に相応しいお天気等になりますように!

【予告】
『 2010ふじ幼稚園バザー 』
とき  2010年10月2日(土) 10時    開店
12時30分 閉店
ところ 倶知安藤幼稚園 園舎内とその周辺
テーマ LOVE EARTH
LOVE CHILDREN part.Ⅱ

*幼稚園の皆で力を合わせてバザーを作り上げよう
*バザーで園を訪れる人々との出会いを喜び、楽しく過ごそう
*収益金の2分の1を飢餓に苦しむ人々の食糧を買うために寄付しよう

多くの皆様のご来園とご協力をお願い申し上げます!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments
 Page 1 of 2  1  2 »