7月のたより

        『 相手に届く“ことば”考 』

* 今朝、園の玄関で…

年少A君が年長女児に近づき、その人を指差しながら何か言いたげです。
近くにいた担任が、A君は長袖の服、女児が半袖の服を着ているのを見て「半袖?」と聞くと、
指差したまま一言、「カワイイ」。
言われた年長女児は、嬉しいやらと照れるやらで一言も発することが出来ないまま立ち去って行きました。

→その女児にとって今日一日が佳い日になること間違い無し、と確信するような出来事でした。

* 先日、降園バスを見送る時のこと…

乗車しようとする年少B君といつものように「さようなら」の挨拶を交わすと、「サヨナラって何?」
一瞬、?。
けれども、B君の真剣な目が…。「明日もまた会いたいねって言うことなんだよ」とやっと答えました。
すると、B君は納得できたようで、バスのステップをトントンと上がって帰って行きました。

→後にも先にもその場限りのやり取りでした。
小さい人の中にある“ことばの世界”は不思議だな・ステキだなと思ったことでした。

* 職員室バージョン

職員室は園児にとってはミステリーゾーン。
特に、新入園児にとっては入っちゃいけないと分かっているけど、なぜか体が勝手に入っちゃう~という人が。
そうして、誰かに見つかると大急ぎで走り去る人影が(何名か)・・・。

ある日のこと。
入室直後の年少女児に出くわしました。
対面した状態で、「アノ~、このお部屋は“入っていいですか”って聞いて、“いいですよ”っていわれたら入るお部屋なんですけど」と言い、バックしてもらいます。

年少女児は「入ってもいいですか~?」とハキハキした声で聞きます。
私は、ニコニコ顔で「だめですよ~」ときっぱり。
すると、ア、ソウデスカといった表情ですんなりと諦めたのです。
しかも、不思議なことに、その日以降勝手に入室することがなくなったのです。入室したい時は、「入っていいですか?」と聞けるようになったのでした。

→あまりにもあっさりと相手が納得したのが、私にとっては“拍子抜け”、と同時に、相手にきちんと伝わるとはこういうことなんだと確信した出来事となったのでした。
小さい人にシッカリ届く“ことば”を使いたいと願う日々です。

【今月の予定から】
4日(日) 日曜参観日
テーマは 『 親子で たっぷり コーナー遊び 』
①スポーツコーナー → 日頃運動不足気味というお父さんにおススメ
②えのぐ遊びコーナー→ 芸術は○×だ! 自由な表現を楽しもう
③秘密基地コーナー → 狭い所大好き、かくれんぼ大好きが大集合
④砂場遊びコーナー → 心をすっかり開放して、童心に帰る一時を
⑤大工コーナー   → 日曜大工のチャンス!お父さんの腕の見せ所
事前に親子でコーナー選び。
さて、当日が楽しみです!!

16日(金) なつまつり
夕方園庭に園児親子もエンジェルクラブ親子も全員集合
ヨーヨー釣りをしたりゲームをして、縁日気分を味わおう
その後で皆で輪になって、盆踊りを楽しもう!!

22日(木)~23日(金) 年長児お泊まり会
中には、その日初めて一人でお泊りする人も・・・。
年長さんはもちろん、保護者、特にお母さんはドキドキの2日間を過ごすかもしれません。
が、きっと、お迎えにいらした保護者の皆様は一回り大きくなったお子さんの表情に出会えることでしょう。

【予告】
『 2010ふじ幼稚園バザー 』
とき  2010年10月2日(土) 10時    開店
12時30分 閉店
ところ 倶知安藤幼稚園 園舎内とその周辺
テーマ LOVE EARTH
LOVE CHILDREN part.Ⅱ

*幼稚園の皆で力を合わせてバザーを作り上げよう
*バザーで園を訪れる人々との出会いを喜び、楽しく過ごそう
*収益金の2分の1を飢餓に苦しむ人々の食糧を買うために寄付しよう

多くの皆様のご来園とご協力をお願い申し上げます!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

やっほー!ヤッホー…  いいきもち~!イイキモチ~…

緑あふれる旭ヶ丘に、全園児で登山ピクニックに行ってきました。
年長児は『包丁塚ルート』、年中・少・満3歳児は『ジャンプ台裏道ルート』を歩くことにしました。

リュックの中には、お弁当とおやつが入っています。ゆきんこ館横にリュックを下ろしていざ出発。「エイエイオー!!」

歩き始めると、「あ、カタツムリ」「ホントだ、おっきい」…「あ、白いお花」「こっちにも」…「わ、セミのヌケガラ」「見て見て、あそこにも」「1、2、3、…5個もある~」等など、発見の連続でした。立ち止まってじっくり眺めていたい衝動に駆られながら、目指す目的地はいつも見慣れているあのジャンプ台です。

次第に景色が開けてくると、子どもなりの直感なのでしょうか、歩みが早くなって元気一杯に「ゴール!!」
向かい側で羊蹄山が「よく歩きましたネ」と迎えてくれました。

下り坂では、ちょっぴり砂利との闘いで一苦労。けれども、大きい人と小さい人とが手をつないで助け合ったり、道の両側に咲いているルピナスの香りに包まれて再び元気が出てきたりしつつ、全員無事に下山できました。
「バンザ~イ、バンザ~イ!」子どもたちは大喜びでした。

ところが、そこでポツポツ雨が降ってきたのです。
ザンネ~ン。
広げようとしたレジャ-シートを大急ぎでリュックに入れて、園に戻りました。
折角のピクニックなので、幼稚園の中を公園に見立てそれぞれが場所を選んで(ホールと4教室の中から)レジャーシートを広げ、お弁当にしました。

翌朝、園の玄関には、2ヶ月前と比べて一回り大きくなった子どもたちの姿がありました。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

倶知安消防署を見学して来ました

お天気に恵まれた先週、子どもたちはテクテク歩いて倶知安の消防署に行きました。

縦割りクラスの藤幼稚園ですので、クラス毎で歩く時手をつなぐ相手は主に大きい人と小さい人です。大きい人はちょっぴり速度を落として歩きます。小さい人は無邪気に大きい人の手に信頼して歩みを進めます。

たんぽぽが咲いていたり綿毛になっているのを見つけるといつもなら直ぐにプチッと摘む人も、この時ばかりは、ガ・マ・ン。(流石ですネ)

消防署に到着すると、目の前に大きな本物の消防車と救急車が!(目が釘付け状態に…)

まず初めは、消防士のお兄さんから消防署の中を案内して頂きました。
続いて、訓練を実演して下さいました。放水と救助の様子を、まるで本当のことのように真剣に見つめた子どもたちでした。
最後に、消防車の後部座席に座らせてもらいました。高~い所にある座席にヒョイッと抱き上げてもらって、みんなゴキゲンです。

沢山沢山見せて頂いた消防署見学で、子どもたちは大満足でした。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

お花の種をまきました

6月に入ってようやく、土がフカフカになるようなお日様の光が多くなってきました。

そこで、7日(月)に園児たちが花の種を蒔きました。
年長さんは、一人ひとりのポットに『ひまわり』を蒔きました。
年中さんは、花壇に『オシロイバナ』を蒔きました。
年少・満3歳児さんは、年中さんと同じ花壇に『コスモス』を蒔きました。

子どもたちそれぞれが種を持ち、土に蒔くと「大きくなるんだよ」との願いを込めてそおっと土をかけていきます。
1年前、コスモスやオシロイバナの花で色水遊びをした子どもたちは、きれいに咲いたらまた遊ぼう、と楽しみにしています。

倶知安も色とりどりの花が咲く季節を迎えました。
それぞれの花の色・形・香り・等は違っても、どれもみ~んなキレイです。また、園に来る時に見つけた道端の花を大事そうに持って来る子どもたちの姿は、神様の心につながるように感じます。大人が見落としそうな位とても小さくても、目立たなくても、しっかりと花を捉え“カワイイネ”という目でニコニコ見ているのです。
子どもたちの自然界に向ける眼差しは優しいなと思います。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

毎日お花見で “春、満喫!”

待ち遠しかった花の季節が到来しました。

園庭の桜の木にもサクランボの木にも、ほのかなあま~い香りと共に柔らかな花びらがギッシリ付きました。
例年に比べ2週間ほどの遅れ。
子どもたちと「まだかな~?」「もう少しで咲きそうなんだけどな~」と木を見上げながら話していましたので、“ヤット”の思いです。

この写真は、園舎横から先ほど職員が撮りました。いかがですか?
遠くに見える羊蹄山が、「ネ!見て 見て!」と存在感をアピールしているよう…

先週とは打って変わって良いお天気に恵まれて今週がスタートしました。 羊蹄山の麓の広い広~い畑や田んぼでは、暖かい太陽の光に照らされて今日も農作業が進められたことと思います。
子どもたちは朝の身支度を終えると、待ってましたとばかりに園庭に飛び出して行きます。

明日も天気にな~れ!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments