6月のたより

 『 コミュニケーション力 アップ! part.2 』

♪・・・なまえ(名前) なまえ な~まえ 、きみの きみの な~まえ よんで(呼んで) よんで み~よお  ランラ ランラ ラン

子どもたちの好きな歌です。
集合している時に歌い出すと、小さな瞳たちが「ハヤク! ハヤク!(私を・僕を)呼んで!!」と誘います。もし、離れた所にいても、その歌声を耳にすると急ぎ足で集合する子どもたちです。

何度でも歌いますが、飽きることがありません。
自分の名前が呼ばれることがこんなにも嬉しい事なんだと、いつも新鮮な驚きを味わいます。
(私の場合、何か悪いことをしたのが見つかって名前を呼ばれたのではないか?とつい思ってしまう為、ドキッとするのです…)

お母さんから、「うちの子、お友だちがいないんじゃないかしら?」という心配の声を聞くことがあります。
実際その子どもは、他の子どもたちとの関わりを豊かに持っています。
優しくしたり、力を合わせたり、一緒に砂場で遊んだりしているのですが、相手の名前を呼ぶことがなくても楽しい時間を過ごせていたのでしょう。
それで、話題に友だちの名前が出なかったようなのです。

自分の名前を呼んでもらうことがとっても嬉しい子どもたちですので、子ども同士もお互いに名前で呼び合うことが出来るようにしていきたいものですね。

ところで、私たちは“名前”を大切にしているでしょうか?

私たちは様々な物に囲まれて暮らしています。生活必需品に始まり、草花や虫たち等自然界の物まで、見回すと随分沢山の物が自分達の生活を支えてくれていることに気付きます。

名前で呼べる物もあれば、代名詞で済ませている物もあります。
何かを説明する時に「○○のヤツ」と言ったり、誰かに物を取ってもらいたい時に「ソコにあるアレ」と言うことも…。

右手(足)と左手(足)・かかと・くるぶし・膝や肘などの体の部位を表わす名称、
奥・手前・一つ上(下)などの位置を表わすことば、
蛇口・ヤカン・手すり・便器・上靴・出席カード・作品・色鉛筆・平均台・雲梯等など 身の回りにある物を表わす名称も挙げるときりがありません。

小さい人には、物の名前を繰り返し使いながらお話ししたいですね。
きっと、呼ばれた物は子ども同様、呼ばれて嬉しいはずですから。

そして、「ココ」と言う子どもには、大人が意識して「そうか、耳の後ろが痛いんだね」とか、「じゃあ△△ちゃんの前に座ろうか」等と通訳(?)して答えるように出来るといいですね。

少しずつ自分の思いや要求などを相手に伝わるように話せることが喜びになることでしょう。
名前で呼ぶと、愛情も深まるかもしれません。

皆さんも子どもたちと共に、身近なことから始めてみませんか?

【今月の予定から】
1日(火)3回目の『英語あそび』
英語講師のメリンダ先生とすっかり顔見知りになった子どもたち。始めに「ハロー!」、終わりは「シーユー!」笑顔で交わす挨拶です。
3日(木)異年齢活動参観日①(少人数による保育参観)
年間6回(内、異年齢活動の日が3回、同年齢活動の日が3回)を予定。子どもたちの普段の姿により近い姿をご覧頂きたい思いから、昨年度より大人の数を少なくした参観日を設けました。幼児の魅力に思わず無口になる保護者の方たちの姿もとてもステキなのです。
9日(水)・10日(木)消防署見学
いつも地域の人々を見守って下さっている、子どもたちの憧れの的『消防署で働く方々と消防自動車』に会いに出掛けます。熱意溢れる職員の方の説明は子どもたちに好評です。
21日(月)登山ピクニック
6月は屋外活動をするのに適している良い季節!ということで、4回の園外保育を企画しました。更に、お弁当におやつも準備してピクニックも計画。自然の中をテクテク歩こう!お腹がすいたら皆でお昼にしよう!

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

お母さんたちも 「はじめまして、どうぞ ヨロシク!!」

新年度を迎えて1ヶ月あまり。

子どもたちの間では親しみが増し、少々ワガママも出せるようになり、お互いがお互いを知るチャンスを日々生かせています。
それがケンカになったりご機嫌斜めになったとしても、少し経てば、いつの間にか修復されているステキな関係なのです。やっぱり一緒にいる方が楽しいものね。

ところで、楽しく親しい関わりをお母さんたちの間でも広げようと、例年、父母の会主催で『クラス別茶話会』がこの時期催されます。

今年は5月18日と20日の2日間で、それぞれ2クラスずつ行われました。
茶話会を準備する役員さんたちは当日、ドキドキしながらも笑顔でクラスのお母さんたちを迎えます。が、ドキドキしていたのはどうやら参加者全員だったようでした。茶話会が始まってしばらくするとお互いが次第に溶け込んで、やがてホンワカムードに…
解散する頃には、皆さん、とっても良い表情になっていました。

これからどうぞヨロシク!
何かあったら声をかけてね!
今度、子ども同士でも遊びましょうね!
子どもたちに負けない位、積極的に“関わりを作ろう”とするお母さんたちでした。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

園庭に カラフルな“はんとう棒” が仲間入り

雪の季節が始まったばかりのある日、幼稚園の中庭に8本の登り棒と4本のロープが下がった遊具がやって来ました。

冬の間はすっかり雪で覆われて、遊具の姿を目にすることはありませんでしたが、
4月に入って徐々に雪が解け始めると、子どもたちの期待は一気に膨らみました。
雪の重みに耐えた遊具は、支柱を外してもグラつきは無く大丈夫。

そうと分かると、いざチャレンジ!!
子どもたちはやってみたい気持ちでウズウズしていただけに、保育時間中はもちろんのこと、
さよならをした後も、ヨイショ、ヨイショと登っています。
中には、いつの間にか自主トレした人もいて、「出来るようになったモン」と自慢気な声。
ウレシカッタネ!

子どもたちの基礎体力が健やかについていくようにとの願いを込めて、はんとう棒を設置しました。

子どもたちへ 『お願い』
しっかりと握った手で自分の身を守りながら、
自分の決めた目標に向かってチャレンジを続けて行ってくださいね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

お母さん、いつも、いっぱい、ありがとう!!

この前の日曜日は、待ちに待った『母の日』でしたね。

皆さんのご家庭でも、お母様(おばあ様)に日頃の感謝を様々な方法で伝えられたことでしょう。
いつも以上に“笑顔”溢れるお母さんは、やっぱりお家の太陽的存在。
いつまでもお元気でいて下さい。

藤幼稚園でも、母の日に因み、7日に“母の日参観日”を行いました。

お母さんに幼稚園に来て頂いて、親子ゲームを楽しんだり、園児が手作りプレゼントをお母さんに手渡したり、一緒にお昼ごはんを頂いたり…と、楽しく過ごしました。

「はじめまして」同士の親子でも、一緒に食事をしたり、一緒に遊んだりするうちに、だんだん親しくなっていって、「これから どうぞ宜しく」に変わっていきました。(ステキ!)

また、お母さん方が自分の子どもはもちろんですが、他の子どもに大きくなった事を(進級して お兄さんらしくなった、お姉さんらしくなった)嬉しそうに話しかけたり、他の子どもからの遊びや絵本のリクエストにニコニコと応えている場面も見られ、幼稚園の中はホノボノとした空気に包まれたのでした。

プレゼントも渡せたし、おいしいお昼ご飯でお腹一杯になったし、いっぱい遊べて・・・よかったね、楽しかったね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments

園庭の雪解け、一気にスピードアップ

昨日、幼稚園近くの空き地に今年初めてのツクシを発見!

ほんの一週間前あたりまでは、厚みのある雪が存在感をアピールしていた園庭でしたが、ここ数日のポカポカ陽気で見る見るうちに雪が解けて行っています。

それなりに室内遊びを満喫していた園児たちではありますが、やはり、豊かな自然に囲まれた屋外環境にはかないません。この連休明けからはようやく園庭での遊びが始められそうで、今から楽しみです。

明日は『子どもの日』。
先日、5月5日は何の日でしょう?と年長児に問いかけたところ、お母さん想いの子どもたちはすかさず、「母の日!!」(実は、お母さんに内緒で贈り物を準備していることにとってもやりがいを感じている年長さんだったのでした…)。

“今”を一生懸命に生きている健気な子どもたちが、多くの人の愛を全身で受け、体も心もすくすくと大きくなり、やがて、様々な違いを超えて多くの人を愛する人へと成長して行けますようにと祈ります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
read comments